キャリア信号用発振回路

(11.272MHz) ※2014/08/17 11.275MHzから変更

概 要:

キャリア発振回路の信号は、11.272MHz、SSB信号の元になる信号です、ただし、次の変調回路(DBM)でこの信号はほとんど無くなり(抑圧される)、上・下側波帯(DSB)だけになります。

TRX_00キャリア発振回路

TRX_00キャリア発振回路

キャリア発振回路(2015/03/07)

キャリア発振回路(2015/03/07)

この回路に要求される事は

1.スプリアス(不要な信号)を含まないこと
2.周波数変動がないこと(周波数安定度がよいこと)
3.出力レベルが適当であること、この後にはDBM(変調・復調回路)がありますので、+10dBm(10mW)が必要です。回路図の中の電圧や電流の値は計算上少しおかしい所がありますが、測定誤差や部品のばらつきがありますのでご容赦下さい。 2008/07/09追記 R(330)×2.7mA=0.89Vのはずが0.88V R6(100)×10mAは1Vのはずが0.97Vとなっている、私の中では誤差の範囲ですHi

回路図はクリックすると大きくなります(見やすいです)

動 作:

トランジスタQ2(2SC1907)で11.272MHzを発振します。この回路はVXO回路で水晶発振の周波数を少しだけ可変する事が出来ます。(水晶片の基本周波数の0.1%ほどの可変)Q2の出力ではDBMをドライブするには力不足なのと少しでも低調波・高調波を減らしたいので軽く増幅して共振回路を通したいので、もう一段Q5(2SC1907)で増幅します。その後3dBのアッテネーターを入れて動作の安定化を図っています。
(2015/01/01) T8の2次巻き線は2回巻きの方が良いと思います。

組 立:

1.トランジスタには極性(ECB)が有ります、トランジスタ規格表などで良く確認して下さい、足を間違えると、たいていはトランジスタが壊れます。また、使用するトランジスタは2SC1815等でも問題なく動作します。
当局では2SC1907を良く使用していますが手持ちにあるので使用しているだけです。

2.L2に関しては7kボビンに50回位巻きます、このコイルはコアである程度インダクタンスの調整が出来るのでだいたいで結構です。ただ、なるべく少ない巻き数の方が周波数変動には有利です、出来れば空芯コイルの方がよい。

3.T2,T8は7kボビンに1次側:12回巻・センタータップ付き、2次側:4回巻(2回巻が良い)とします、巻終わったら、1次側の1番ピンと3番ピンとに120pFのコンデンサを半田付けして、ディップメーターで11MHzに同調するように調整してから基板に実装します。

4.その他は、高周波回路の実装方法(太く短く)に習って下さい。

調 整:

まづ、製作したユニットに間違いがないか、よくチェックします。
調整時の電源には、定電流・定電圧電源(CV・CC)を使用し、調整する回路と電源にダメージを与えない様にしています。これで安心して調整できます。

1.+B9V端子に9Vを加えてみます、消費電流が20mA(13mA位)以内であることを確認します。20mA以上の時は、どこかに間違いが有るかも知れないのでチェックします。 間違いがなければ、一旦電源をOFFにして3番に進みます。

2.まづ、発振回路ですから、発振させることから始めます。 (アンプを作ると発振し、発振器を作ると発振しないことがよくあります)

3.T2の2次側にシンクロスコープ、無ければ、RFプローブを接続します。

4.水晶発振子X1とインダクタンスL2の接続点を、仮にアースに接続します。まず普通の水晶発振として動作させます、これで発振しない物はVXOとしても動作しませんから!Hi)

5.出力が確認できたら、T2(高周波トランス)のコアを少し出し入れして出力が最大になるようにT2のコアを調整します。

6.もし、発振しないならば、T2はいじらずに、Q2のエミッタ電圧を測定して0.8~0.9Vあるか確認して下さい(コレクタ電流を測定してもよい 3mA前後あればよい)、異常があれば、作った回路をもう一度確認します、この時、自分で組立たのでなく、他人が組み立てたと思ってチェックして下さい、以外と冷静にチェックできるかも!!。

7.それでも発振しないときは、T2はいじらずにC5・C9を増減してみて下さい。 また、水晶振動子に予備が有れば取り替えてみます。

8.それでも駄目なときは、もう一度、回路の確認をします。特にハンダ付け不良には注意をします。私はもう一度、同じ回路を作りますHi

9.ここまでうまくいったら、4番で仮にアースに接続していた所を元に戻します(これでVXOとして動作します)、そして、5番から8番の調整を繰り返して調整します。ここでの調整は7番のC5・C9の増減でOKになると思います。

10.ここまで上手くいたら、2段目の増幅回路の調整をします。

11.T8の2次側に51Ωの抵抗をハンダ付けし、シンクロスコープ、無ければ、RFプローブを接続します。

12.T8のコアを調整して、出力を最大にします。

13.最後に、出力電圧を、2.8Vp-p(RFプローブでは1V)前後になるように、R13を調整して、終了とします。これで出力レベルは、+13dBm(20mW)位になります。
(2015/01/01) 現在ではパワーメーターがあるので調整は楽ですHi

戻る