低周波発振回路

発振回路は、帰還型と弛帳型がある。

帰還型は、増幅回路の出力の一部を入力に戻し(帰還又はフィードバックともいう)発振を持続させる。
弛帳型は、コンデンサなど電気を蓄える物への充・放電のタイミングをコントロールすることで発振信号を得る。

帰還型発振回路

反転増幅器の出力の一部を、位相を反転させて入力に戻し(正帰還)て発振を持続出来るようにします。

CR位相型発振回路

下の位相型発振回路はハイパス型で比較的高い周波数向きで、CとRの位相回路が3段で1段当たり60度、3段で180度位相が回転します。また、CとRが入れ替わった、ローパス型で比較的低い周波数向きもあります。どちらもトランジスタのベースに入った信号はコレクタ側の出力で反転(反転増幅器)しますので、トータル360度(正帰還)となり、発振を持続することが出来ます。発振を始める信号の卵は、電源on時のショックやトランジスタアンプの雑音などかと思います??

CR位相型低周波発振回路基板

CR位相型低周波発振回路

 位相発振回路の発振周波数の計算 (計算式にlatexを使用してみました)(2015/01/22)
f=\frac{1}{2\pi\sqrt{\mathstrut 6CR}}
f=1/2×3.14×√6×1×10-8×5.1×103
=1/6.28×√6×5.1×10-5
=1/78.45×10-5
=0.012747×105 =1274.7Hz
CR位相型低周波発振回路基板

CR位相型低周波発振回路基板

 SS-7802(オシロ 10MHz デュアルチャンネル)10:1のプローブ使用
=== 実測値 ===
周波数 1340Hz
出力電圧 3.2Vp-p(1.3V)
この後に、レベル調整回路を設けて、今後の実験の信号源にしたいと思います。 勿論ケースに収めて使いやすいようにしないといけません。
この位相型発振回路の他にも、ブリッジ型(ウイーンブリッジ)やLCを使用した物、音叉型(固定周波数)、DDS(ディジタル処理)などが有ります。
キットやメーカー品も所持していますが、実際に組み立てて動作させてみると意外と使用出来る物が出来ます。簡単な物でも、用途にあった物を作って楽しめるのも自作の醍醐味ですね。
波形観測風景

波形観測風景

ウイーンブリッジ型発振回路

ツインT形型発振回路

弛帳型発振回路

ネオン管発振回路

リレーによる発振回路

リレーのNC接点とコイルを直列に繋いだ回路。電圧を印加すると、コイルが励磁して接点が吸引され、電源から切り離されます。すると励磁が無くなり、接点は再び電源に繋がれ、最初の状態に戻る。ブザー回路ですね。

戻る