低周波2段直結増幅回路

(2003/09/23)

直流負帰還のかかった大変安定な回路です。
広い周波数帯域と大きなゲインがある。
小信号の増幅に適している。
交流負帰還を施すことにより、目的の周波数特性を得ることが容易である。
では早速回路の定数を求めてみましょう。

低周波2段直結増幅回路

低周波2段直結増幅回路

電源電圧は、12Vからデカップリング回路などの損失を考慮して12-3=9Vとする
Q1のhfe=200・Q2のhfe=100 Ic1=0.1mA、Ic2=1mA、Re1=330Ω Ib1=0.5uA、Ib2=10uA Vc2<->Ve2=4.5V、Ve2=1.5V として計算してみます
Ve1=Re1×(Ic1-Ib2)=330×90×10-6=0.03V(0.0297) Vb1=Ve1+0.7=0.73V Vc1=Ve2+0.7=1.5+0.7=2.2V

低周波2段直結増幅回路

低周波2段直結増幅回路

RL1=(9-2.2)/0.0001=68kΩ Re2=1.5/10-3=1.5kΩ RL2=(9-6)/10-3=3kΩ Rb=(1.5-0.73)/0.5×10-6      =0.77/0.5×10-6=1.54MΩ
調整ヶ所は1MΩのVR Ve2が1.5Vになればよい (Ic2=1mA)に調整する

低周波2段直結増幅回路

低周波2段直結増幅回路

上の回路図通り組んで測定開始、1MΩVRを調整してもVe2が1V付近で、目的の1.5Vにならない?? 調べてみると、VRが10kΩでした、部品の整理がまだまだ!!、使用するときには確認しながらですね。 1MΩに取り替えて、再調整

バイアス調整中

バイアス調整中

こんどはVe2が1.5Vに調整できた。 これは、次に作製するトランシーバのマイクアンプにするつもりです。

 戻る