高周波広帯域アンプ

主に測定の時に使用するために製作しました。
CQ出版社の入門ハム・シリーズ No.1 アンテナと測定器の作り方(P132)に紹介されているμW測定用広帯域アンプを作ってみました。2SC1747を2個使用した物です、負帰還アンプを2段接続して総合利得24dB、入出力インピーダンス50Ω帯域幅は0.5~80MHz、最大出力13dBm(20mW)です。出力側には主に終端型mW電力計を接続して使用します。有ると重宝します。

2SC1747はCATV用のトランジスタで
fT>1400MHz Pc=300mWと高周波特性に優れた、そして安価な石です、と記事に有ったので購入しましたが、今考えると手持ちに代用出来るトランジスタが手持ちにあったのではないかと思います。

戻る