低周波小信号増幅回路

 

 

 作業風景 左側が発振回路、右がアンプです。

作業風景 左側が発振回路、右がアンプです。

シンクロスコープにて波形観測

シンクロスコープにて波形観測

上が入力:10:1プローブ使用 5mV/cm(50mVp-p)
下は出力:10:1プローブ使用 500mV/cm(7Vp-p) 利得約 140倍(約43dB)

信号源は位相型発振回路で出力に可変抵抗器を付けて出力レベルを可変出来るようにした。

増幅回路の最大振幅は7Vp-p、その時の入力は50mVで140倍の利得があった。エミッタのパスコンを外すと約5倍になります。

実際に波形を観測してみて、上側にクリップの始まる入力レベルと、下側にクリップの始まる入力レベルとは同じにはならず、バイアスの決定はなかなか難しいなと感じました。

戻る