TRX_00AGC&Sメータ&RFメーター

AGC&Sメーター回路

AGC&Sメーター回路

 動作説明

復調回路からの音声信号を増幅してAGC信号とSメーター信号を生成します。受信機のフィーリングを決める大事な回路になります。

1.Q21は変調&復調回路のAF出力部(to AFAMP)よりの信号を増幅

2.Q24はQ21からの信号を受けてコレクタ電圧が変動するのをコンデンサ(C64)で平均化する、入力信号が大きいときは、コレクタ電圧が低下する。

3.Q28はQ26のエミッタ電圧を受けてAGC電圧を出力する。

4.Q29はQ28から信号を受けてSメーターを振らせる。及びS表示の発光ダイオードを点灯する信号を出力します。

5.回路の動作は、低周波と直流なので、すぐ理解できると思います。

 *もっと高機能で簡単な回路があると思います、良いアイデアがございましたら、是非ご教授下さい。

組 立

1.使用トランジスタにNPNとPNPがありますので、足を間違わないように注意します。

調 整

1.電源を接続します。

2.入力端子をグランドに接続します。

3.この時のAGC OUT電圧が、電源電圧とほぼ同じになります。

4.入力端子にオーディオ信号(10~100mV位)を加えます。

5.この時のAGC OUT電圧は電源電圧より、かなり低くなっているはずです。

6.うまくいかないときは、トランジスタQ5のコレクタの波形を観測しながら入力電圧を可変してみて下さい。

7.変化がないときは、どこか間違っているか、部品不良・定数間違いの疑いがあります。

8.トランジスタの足の確認、電解コンデンサの極性、ダイオードの極性などの確認をします。

*全ての組み立てにいえることですが、信号の流れに沿って組み立て、確認をしながら進めると、回路の動作も解り、トラブルも少ないと思います。

戻る