TRX_00LPF&トラップ

TRX_00LPF&トラップ

LPF&トラップ

目的・動作

1.終段電力増幅回路(RF POWER AMP)よりの信号を、遮断周波数(Fc)=55MHzのLPFで55MHz以上の信号を減衰させます。

2.また、C55とL6(直列同調回路)の100MHzトラップで50MHzの第2高調波を減衰します、これはテレビの2チャンネルへの妨害(TVI)の防止や、他の通信機器への妨害を防止する為の対策です。

3.リレー(RL1)により送信の時は、終段電力増幅回路よりの信号をアンテナへと接続します、受信時は、アンテナからの信号を受信部の高周波増幅回路へと導きます。

製 作

1.LPF用のコイルを2個巻きます、今回は空芯コイルを使用しました、(もちろんトロイダルコアを使うとコイルの再現性がいいのですが手持ちに適当なのがなかったので)これは63pFのコンデンサと組み合わせて約55MHzに同調することを確認しておきます。(ディップメーター使用)

2.100MHzトラップ用コイルは7kボビン(1W出力なので大丈夫でしょう)に4回巻きにします、このコイルは15pFのコンデンサと組み合わせて100MHzに同調することを確認しておきます。(ディップメーター使用)

3.回路的には簡単なので、ランド張り付け方法で組み立てました。

4.リレーの取り付けは、両面テープで接着しました。

調 整

1.特に調整はありませんが、動作確認をしておきます。

2.リレーのコイルに電圧を与えて、リレーが動作する事を確認する

戻る